Chemical Sensing Innovations

お客様のニーズに合わせて、迅速、簡便、高感度な化学センサーを提供します

Find more

Sense the future

創薬、食品検査、環境安全、感染症検出、がん検出、犯罪捜査など、多様なアプリケーションを支える革新的な表面増強ラマン分光(SERS)技術をベースに、迅速、簡便、高感度の化学センサーを提供しています。

SERSは1970年代の発見以来、試料中の分子の振動を測定することで、高感度なラベルフリーの化学物質センシングを実現する有効なツールとなっている。SERSは、X線回折、核磁気共鳴分光法、質量分析法などに比べて、装置の大きさ、使いやすさ、コストパフォーマンスに優れています。SERSは、金属基板上で局所的な表面プラズモン共鳴を励起することにより、本来弱いラマン散乱よりも数桁以上高い感度を得ることができます。

しかし、SERSは、設計された金属ナノ構造からの高いラマン信号増強のための「ホットスポット」への依存、生体分子への有害な影響(例えば、熱によるタンパク質変性)を引き起こす金属ナノ構造上の大きな光熱の発生、金属表面の酸化などにより、計測再現性、表面の均一性、生体適合性、耐久性が低く、その利点は損なわれています。

当社独自のSERS技術、特に金属フリーのポリマー炭素SERS技術は、これらの問題を克服し、これまで実現できなかった化学計測能力を提供し、SERSを次のレベルへと導きます。すなわち、化学計測のイノベーションを皆様にお届けしています。

コア技術

当社のユニークな製品は、東京大学で開発された革新的なSERS技術をベースにしています。このSERS技術に関する関連論文をご覧ください。

炭素ナノワイヤSERS基板

高い化学的増強効果、高い計測再現性、高い耐久性、高い表面均一性を有する多孔質炭素ナノワイヤからなるナノ構造体に関する論文です

金属フリーSERS

金属フリーSERSの最近の開発と新しい可能性についてのレビュー論文です

フレキシブル・ウェアラブルSERS

高ラマンシグナル増強と高い計測再現性を有する極薄の金ナノメッシュ基板に関する論文です

岡本 晃一

大阪府立大学大学院工学研究科 電子物理工学分野 教授

ウェアラブルSERSはこれまでの常識を超えた新技術であり、センサーのみならず様々な分野に革新的な発展をもたらし得るものであると驚きを禁じえません。

伊藤 民武

産業技術総合研究所 生命工学領域 上級主任研究員

金属フリーの炭素基板では生体分子を変性させる恐れが少ないことと百万倍ものラマン増強が得られる為、生体応用に最適です。

竹井 邦晴

大阪府立大学大学院工学研究科 電子物理工学科 教授

ウェアラブルSERS基板は、マーカー無しで生体の多情報計測への展開に大きく期待できます!

Cheng Lei

武漢大学工業科学研究院 教授

LucasLand's carbon-based SERS technology is a game changer and makes SERS really useful for biomedical applications!

商品

お客様のニーズに合わせて、複数の世界初のSERS製品を提供しています。

LL-01: フレキシブル・ウェアラブルSERSシート

極薄、伸縮自在、生体適合型で強い電磁波増強効果を持つ世界初のフレキシブル・ウェアラブルSERSシート

LL-02: 多孔性炭素SERS基板

高い計測再現性をもち、酸化や光熱発生がなく、生体分子にやさしい世界初の金属フリーSERS基板

チーム

お客様の化学センシングニーズにお応えします。

古屋 哲郎

代表取締役社長(CEO) & 共同創業者

合田 圭介

社外取締役(CSO) & 創業者

北浜 康孝

エンジニア

お問い合わせ

当社の技術や商品についてご質問がある場合は、電子メール、電話にてお問い合わせください。

住所:

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3丁⽬28−5 Axleお茶の水
株式会社LucasLand

Eメール:

contact@lucasland.jp

電話:

TBD